オーストラリアワーホリについてはこちら (^^♪

【FASIO】マルチスティックプリズムの使い方|ラメ飛びしないために

FASIOから発売されている、マルチフェイススティックを知っていますか?
これ一本で3つの役割を果たす画期的なアイテムです。

みい
みい

現在展開されているカラー数は15個ですが、3月16日に新色が5つ発売されるとのことでより期待が高まりますね(*‘ω‘ *)

そこで、この商品は本当に便利なのか、実際に使って確認してみたのでレビュー記事を書きたいと思います。まだこの商品を使ったことのない人の参考になればと思います。

こんな方にオススメ

・FASIOマルチスティック(限定版)を買おうか迷っている方
・FASIOマルチスティックの使い方に不安がある方
・メイク初心者による正直レビューを見たい方

ぜひ最後までご覧ください。

グーグルアドセンス

商品紹介

FASIOマルチフェイススティックとは、1本で【アイシャドウ・チーク・リップ】として使える万能コスメです。この商品の特徴は以下の3つです。

・フェザーフィット成分配合で肌なじみが良い
・汗、水、こすれに強い
・化粧持ちが良い

持ち運びしやすいコンパクトタイプで、中身はリップのようにくり出し式になっています。
テクスチャーはクリーム状ですが、肌になじませるとサラサラで軽い使用感になります。

現在展開されている色は15色あります。
赤系だけでなく水色や黄色などもあり、様々な使い道がありそうです。

FASIO公式ホームページより

\見た目もコンパクトで可愛い!気になる方はこちら/

実際に使ってみた

今回私が買ってみたのは、限定版のマルチフェイススティックプリズムの102番です。
これは昨年11月に発売された、ホリデーシーズン限定のカラーになります。
5色あって、全てがパールの入ったキラキラ輝くフェイススティックです。

今は生産終了している限定品ですが、先日薬局に行った際にまだ売られていたので店舗によってはまだ残っていると思います。珍しいものを見つけると買いたくなってしまうのが初心者の良くない所でしょうか(笑)

この珍しいカラーでも、初心者でも使いこなせるのか、確かめてみました。

手に出してみるとこんな感じです。

細かいラメが輝いてツヤも出ます。
黄色はそれほど強くなく、ほんのりと色が出る程度です。

アイシャドウとして

1つ目の役割〈アイシャドウ〉として使ってみました。
これ単体で使った場合と、他のアイシャドウのグリッターとして使った場合の2種類を紹介します。

マルチフェイススティック単体

マルチフェイススティックを指に取り、まぶた全体に塗り広げます。
塗る時のポイントは、最初に黒目の上に塗ることです。それから左右に塗り広げるようにしていくと、黒目の上に一番つやが出てきれいに見えます。

近くで見ると黄色がよく分かりますが、ほぼ分かりません。光沢があってツヤがあります。
写真は、上がアイテープなし/下がアイテープありです。

涙袋にもこのマルチフェイススティックをつけると、目がキラキラになりました!
また、オレンジブラウンのアイライナーとブラウンのマスカラを使って完成したのがこちらです。
(あんまり写真だと良く分からないんですが)

これ一本だとグラデーションがなく深みがある目にはなりませんが、ツヤとラメによって華やかに見せてくれます。色が薄いのでナチュラルな感じにも見えます。

グリッターとして

次に他のアイシャドウの上からグリッターとしてこの商品を付けた場合です。
今回はキャンメイクのシルキースフレアイズ07番を使い、その上から黒目の上下のところにマルチフェイススティックを置くように塗りました。

マルチフェイススティックはクリームアイシャドウのようになるので、しっかり発色されます。
ほんのり黄色なのでオレンジ系のアイシャドウとよく合います

チークとして

次に2つ目の役割、チークとして使ってみました。

みい
みい

チークというとピンクや赤のイメージしかなかったので、最初この商品がチークとしてどう使えるか疑問だったよ。

チークとして塗る時はスティックのまま塗ります。
頬の高いところにすっと塗って、指でポンポンとなじませます。

黄色が肌の色から浮く感じはなく、なじんでいます。
ツヤが出てハイライトのようになりました。
ただ血色感は出ないので、他のチークの下に並べて塗ってみたほうがいいかなと思いました。

リップとして

次にリップとして使ってみました。
指もしくはリップブラシで適量取り、唇につけていきます。

黄色は唇のピンク色に負けてる感がありますが、ツヤやラメでぷっくりとした唇になりました。
ご飯を食べた後はツヤやぷっくり感はなくなり、ラメだけが残りました

ご飯食べた後の方、食べかすがついているんじゃないですよ!ラメが散在してるんです

アイ・チーク・リップ全てにつけてみると

1本でアイメイク、チーク、リップ全てに使えるマルチスティック。
実際にやってみるとこんな感じです。

これはアイシャドウとチークは別のもので塗った後、ハイライトとしてマルチステックを使った状態です。顔全体のバランスが取れていると思います。

感想・気づき

マルチフェイスステックプリズムを使った感想をまとめます。
まずは良かったところから。

良かった点

・伸びが良く肌になじみやすい
・ラメやツヤがの輝きが長時間続く
・アイシャドウベースやグリッターとして使える

フェザーフィット成分が配合しているため、伸びがよく軽い使用感でした。
また頬やまぶたにつけた時は、1日中ツヤが続いていました。
そしてこの商品のコンセプト通り、1本でハイライト・グリッター・アイシャドウベース・チーク・リップなど様々な場所に使えるのが良かったです。

このプリズムシリーズではなく、通常シリーズであれば化粧直しなども使えそうです。小さくて持ち運びも便利でこれさえあれば、チークもリップもお直しできるのが良いですね。

ですが、逆にちょっと・・・と思ったこともありました。

悪かった点

・ラメ飛びがする
・指や筆につけた後の処理が大変

伸びがよく塗りやすいのですが、ラメが色々な所に飛んでしまいます。目の周りや口の周り、鼻の横など色々なところにつくので、顔全体がキラキラしちゃうことも。
ステックのままではアイメイクやリップに使えないので、指や筆に取らないといけません。塗り終えた後の筆や指をちゃんと拭いてきれいにしないと、そこから色々な所にラメをつけてしまう原因になります。ですが、ウォータープルーフ&皮脂プルーフのため落ちにくいです。しっかりクレンジングで洗わないといけないのも少し面倒に思えました。

おすすめの使用方法

上で述べたデメリットを回避するため、またこの商品を最大限活かすために、この商品のオススメの使い方をお伝えします。
特に私のようなメイク初心者の方へ向けたアドバイスになっているので、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

アイメイクはワンポイントのみに使う

アイシャドウとして使う時は、グリッターとして黒目の上だけにのせるのがオススメです。

アイシャドウベースとしてまぶた全体に塗ると、目の周りにラメが飛び散る可能性が出てきます。
つける量が多いと指やパフなどでこすれ、他の場所にラメがついてしまうのです。
また、涙袋につけるのも初心者は避けたほうがいいかと思います。小指や細い筆で丁寧に塗っても広がってしまうからです。

練習次第でどうにでもなると思いますが、初めて使う時は気を付けてください。

キラキラが可愛い

メイクの最後に使う

チークやハイライターとして使うなら、メイクの最後に行いましょう。
ホントの最後にです。
一度つけるとその上からは、フェイスパウダーで仕上げやチークの重ね付けなどはしない方が良いです。そうするとラメが顔全体に広がっていしまいます。

おすすめの使い方は、他のチークをした後にこのフェイスステックを指に取り、チークの下にぽんぽんと乗せるやり方です。直接ステックでつけると範囲が広くなるので、指でつけるのが良いと思います。

リップはティッシュオフやご飯時に注意

リップにつけると、唇をこすったり当たったりするとラメが口の周りに飛び散ります。
ごはんの最後に口を拭いた時など、鏡ですぐに確認するようにしてください。
見ようによっては食べかすが口についているようにも見えてしまいます。

またお直しの時に他のリップをつけるとそのリップにもラメが移るので、使用後はきちんと拭くことが大切です。

私個人的にはリップとしてはあまり使わないかなと思います。
それよりもハイライトとして使う方が役目を全うしている感じがします。

目元や頬を明るくするワンポイントとして使える

FASIOマルチフェイスステックの商品特徴はつかめましたでしょうか?

今回は、限定版のプリズムシリーズを使いました。
ラメとツヤがとってもきれいでアイシャドウやハイライトにおすすめです。ラメがあるので使い方が少し難しいですが、限定品ですし見た目も可愛いので1つ持っておいて損はないです。

普通のシリーズをまだ使ったことが無いので、3月16日発売の新色をゲットしてみようと思います。ラメが入っていない分、より使いやすく汎用性も高いと考えられるので、楽しみです。

今回試したプリズムシリーズは、現在は生産終了していますが、もしお店やネットで見つけたらぜひチェックしてみてください。(*´▽`*)

\ネットショッピングではまだ販売されています/

にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました