オーストラリアワーホリについてはこちら (^^♪

ワーホリ渡航前にオンラインで銀行口座開設する方法|ANZ銀行|ニュージーランド

この記事は、ニュージーランドのANZ銀行の口座開設方法について書いています。

現地で口座開設をする人がほとんどだと思いますが、日本にいながらニュージーランドの銀行口座を前もって開設することも可能です。

みい
みい

渡航前にオンラインで口座開設の申請をしておけば、現地に着いてからのやり取りが少なくて済むよ!時間を有効活用できそうだね!

ANZ銀行口座のオンライン開設方法を知りたい人は要チェック!!

ぜひ最後まで読んでみてください(*´▽`*)

グーグルアドセンス

オンライン口座開設に必要なもの

オンライン申請をする前に必要なものや情報を準備しておくとスムーズにできます。

 ✓準備しておくもの
  • マイナンバーカード(数字のみで良い)
  • パスポート(写真を撮ってデータにしておく)
  • ビザのデータ

オンライン申請の入力項目の中にマイナンバーカードの番号を入力する箇所があります。

また、オンライン申請後に届く自動返信メールで、パスポートとビザのデータを添付するよう指示が出されます。

ここで、「あれっ?」と思われた方もいるのではないでしょうか?

準備するものの中に住所証明書が入っていないけど・・・??

ニュージーランドで滞在する場所が決まっていないんだけど、オンライン申請出来るの?
確かニュージーランドの住所証明が必要って聞いたけど?

みい
みい

日本からの申請の際は、ニュージーランドの住所を入力する必要はないので大丈夫!
日本の住所を書けるようになっているよ。

銀行口座の開設の際に、ニュージーランドの住所証明書を用意できるか不安という方も多いと思います。ですが、渡航前に日本から解説手続きをする場合はその心配は要りません。日本の住所でOKだからです。
詳しくは、口座開設方法の項目でお伝えします。

また、最近ニュージーランドに渡航し、現地で銀行口座を開設した人からのお話だと住所証明書がなくてもビザのコピーがあれば開設できたとのことでした。
(その場でビザのサイトにログインして情報が一致すると大丈夫)

この辺は、人によって体験談が異なるので一概には言えないところですね。
担当になった窓口の人によって違うかもしれません・・・(-_-;)

口座の種類

口座を開設する前に、どのような口座があるのかを知っておくことが大切です。
ニュージーランドのANZ銀行には、5種類の口座があります。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

普通口座

ANZ銀行の普通口座は3種類あります。

  1. Freedom account
  2. Go account
  3. Jumpstart account

このうち、③Jumpstart acountは21歳以下の学生・子供のための口座です。
今回はこの説明は省かせていただき(すみません)、①と②の口座について比較して見ていきます。

Freedom accountGo account
口座維持費5ドル/月無料
ATM利用/EFTPOS利用無料無料
自動引き落とし手数料無料無料
窓口利用手数料無料3ドル/回
Debitカード年会費無料無料

*毎月2,500ドル以上の預け入れがある場合は無料

これを見て分かるように、2つの違いは口座維持費と窓口手数料がかかるかどうかです。

毎月2,500ドル以上の給料が見込まれる場合は、Freedom accountで良いでしょう。
しかしそうでない場合や分からない場合は、Go accountにしておくと口座維持費がかからなくて済みます。

Go accountでは、窓口利用に3ドルかかると書いてありますが、窓口での残高などの基本照会は無料です。
またANZはインターネットバンキングやアプリもあるため、窓口でわざわざ取引する機会は多くないと考えられます。

みい
みい

私は口座維持費が無料のGo accountを作りました!

貯蓄口座

貯蓄口座は2種類の中から選べます。

  1. Serious Saver account
  2. Online account

本格的に貯蓄をしたい方は①Serious Saver accountを、安全にお金を保管しておきたい方は②Online accountを開設すると良いです。

✔Serious Saver accountとは

・口座維持費:無料
・金利:0.3%

・プレミアム金利:1.2%

・引き出し手数料:月に1回までは無料

引き出しが無く20ドル以上の預金があれば、その月はプレミアム金利も獲得することができます。つまり合計1.5%の金利になるということです。

月に1回は無料で引出しが可能ですが、2回以上お金を引き出す時は手数料(5ドル/月)がかかります。

お金を引き出さない人は、金利の高いこの口座がおすすめだね!

お金を貯めたいというよりは「守りたい」という方には、次に紹介するOnline accountがおすすめです。

 ✔Online accountとは

・口座維持費:無料
・金利:0.3%

・窓口利用手数料:3ドル/回

・カードではアクセス不可能

この口座は、いくら預けてもいくら引き出しても金利は一定の0.3%です。
Go accountのように窓口で引き出すと手数料がかかりますが、ネットバンキングやアプリで行えば無料です。

この口座の利点は、ANZ Visa Debit card や ANZ EFTPOS cardではアクセスできないという点です。
もしもカードを落としてしまっても、Online accountに入っているお金は勝手に使われることはなく、Go accountに入っている金額だけしか使われる心配はないということです。

みい
みい

私はオーストラリアにいる時にANZ銀行を使っていたんだけど、
給料はOnline account(オーストラリアだとOnline Saver account)に振り込んでもらっていたよ。
Go account(オーストラリアだとAccess Advantage Account)には少額のお金しか入れず、買い物など使う時にOnline accountから移していたな!

Online accountがあるとカード紛失の時にも安心ですし、金利も0.3%あるので持っていて損はないと思います。

オンライン口座開設の申請手順

オンラインで口座開設をする方法は大きく分けて4段階あります。

  1. オンライン申請を行う
  2. メールで追加資料を送る
  3. 質問に答える
  4. 口座開設!(オンラインでのやり取りは終了)

オンライン申請を行う

まず、ANZのホームページにいきます。
https://www.anz.co.nz/promo/moving-to-new-zealand/

開設したい口座を選んでクリックします。

1. Are you an ANZ New Zealand customer? → Noと答える
2. Are you 13 years or older? →Yesと答える
3. Are you applying as an individual, or for a joint account? → Individualと答える

開設したい口座を選びます。

  1. Are you switching an account from another bank? →No
  2. Do you need an EFTPOS or Visa Debit card for this account? →Yes
    Visa DebitかEFTPOSを選びます。

個人情報を入力します。

以下の質問に答えます。

日本の住所を入力します。

以下の質問に答えます。

入力した内容に間違いがないか確認します。

規約に同意して、Submitします。

ここまででオンライン申請は終了です。
あとは、メールを待ちます。

追加資料を送る

オンライン申請してから、割とすぐ(その日のうち)に自動返信メールが届きます。

そのメールの内容がこちらです。

自動返信メール

このメールには、以下の追加書類を送るように指示が書いてあります。

必要な追加書類

・copy of passport(s) – information page including photo
・copy of your Visa from immigration New Zealand (if applicable)

つまり、パスポートの写真とビザの書類のデータを添付して返事をするだけです。
パスポートは写真のあるページを写します。

次の返事を待ちます。

質問に答える

追加書類を送った翌日に次のステップのためのメールが届きました。

メール には大きく分けて2つの指示が記載されていました。
1つ目は、フライトチケットの添付です。

実際に届いたメール

ニュージーランド入国を確認できる航空券や旅程表を添付する必要があります。

2つ目は、Know Your Customer (KYC) informationに答えることです。
KYCとは何なのか調べてみると、以下のような答えが出てきました。

コンプライアンスチェック(KYCチェック)とは、アンチマネーロンダリング(AML)、テロ資金供与対策(CFT)、安全保障貿易管理、贈収賄防止などのリスク対策として、取引を始める前に取引先がどのような企業/人物なのか、身元チェックを行うプロセスのこと

creditsafeより

メールに記載されている複数の質問に答えていきます。

1.職業
2.口座開設の目的(選択)
3.毎月の収支の予想

口座開設の目的のところは、1も2も3も当てはまりましたが、一番の目的を選ぶようになっていたので私は2を選択しました。

4.現金預金について
5.海外支払い・受取について

質問は以上ですが、その下に続けて注意事項が書かれてありました。

要約すると・・・

*5日以内に返事がない場合は、取引が自動的に取り消される
*口座開設してから3か月以内に、身元確認プロセスを完了する必要がある
*オンライン口座開設では預金のみが可能。全ての機能を使用するには、支店での身元確認が必要。

つまり、このメールが来たら5日以内に返事する必要があるということです。
メールを見逃すことが無いようにこまめに確認をしておかないといけませんね。

また、口座開設の申請をしてから90日以内にニュージーランドに入国することができない場合は、その時点で連絡をする必要があるようです。

フライトチケットを添付し、全ての質問の答えを入力し、返事を送ります。
返事が来るのを待ちます。

口座開設

フライトチケット添付とNYC質問回答のメールを送ってから、6日後に返事がきました。

みい
みい

なかなか返事が来なかったので、何か間違ったのかと思いドキドキしていました💦

You ANZ account is now open
件名を見ただけで、口座開設が無事にできたと分かりました。やった!!

このメールには大きく2つの確認事項が記載されていました。

1. 口座情報
2. 身元確認と支店への予約の取り方について

口座が開設できましたが、まだ預金の機能しか使うことは出来ません。
逆に言うと、渡航前に日本の銀行口座からお金を送金できるということです。銀行送金に必要な情報も全てこのメールに記載されています。

2の身元確認と予約については以下の文章が書かれてありました。

要約すると・・・

・預金以外の機能を使うためには、支店で身元確認を受ける必要がある
・身元確認を受けるためには、支店に予約を取らないといけない
・予約の取り方は2つ(電話か直接支店に行く)

私はANZから予約についての電話が来ると予想していましたが、電話はかかってこないようです。
予約をするには、自分から電話をするか直接支店に行くかのどちらか。

国際電話になる(お金がかかる)し、英語での電話に苦手意識があるため、私は到着してから直接支店に行くことにしました(;^ω^)

そして、一番気になる「身元確認のための書類」についても言及されています。

身元確認の書類

  1. パスポート(原本)
  2. ビザのコピー
  3. 口座情報
  4. 日本の住所証明書類

支店に身元確認をする際に持っていく書類は4種類あります。
パスポート・ビザ・口座情報はシンプルですが、問題は住所証明書類です。

日本でオンラインで口座開設を申し込んだため、ニュージーランドの滞在先の証明は必要なく、日本の住所証明書類だけで良いというのは朗報です。

では、日本の住所証明書類はどんなものが受け入れ可能なのでしょうか?

メールに記載されたURLを開くとANZ公式ホームページが表示されました。
そこには身分証明書類についての詳細情報が載っています。

住所証明についての箇所を抜粋してみました。

住所証明に使える書類一覧
日本語でまとめると・・・

・公共料金明細書
・ANZではない銀行の口座明細書
・銀行以外の金融機関明細書
・政府機関からの文書
・賃貸契約書
・電子電話帳
・選挙人名簿
・保険証券文書
・車登録書
・教育機関からの手紙

さらに、以前私がANZに個別で住所証明書について質問した際に得られた回答がこちら。

これらを踏まえて考えると、住所確認に使える書類は以下のようになります。

上記にまとめた住所証明書類

6ヶ月以内に発行されている

英語で書かれているもしくは公的な翻訳がついている

私は銀行残高証明書(英文)を持っていこうかと思っています。
入国審査で必要なものだし、住所も載せることができたので一石二鳥かなと。

英文の銀行残高証明書なら条件を満たしているはずだけど、
入出金の履歴が無いとダメだったという現地の声も聞いたよ💦
窓口の担当の人によっても基準が違いそうだな・・・

みい
みい

ビザの情報だけでOKだったという人もいるし。
同じ時期の同じ銀行なのに対応がバラバラみたい。
一応用意できるだけのものは準備しておいた方が良いな・・・

結果は、実際に現地で身分確認をしてからまたここに追加したいと思います。
→追記しました

1週間でオンライン口座開設ができた

ANZオンライン口座開設についてまとめると、

✓まとめ

1週間で口座が開設できる
・オンライン申請→メールでやりとり2往復のみ
・開設したら渡航前にお金を預けられる
・電話もしくは直接支店で予約を取る
・住所証明は日本の住所のみ

オンラインで口座開設ができ、到着後には支店に行って身分確認をするだけでいいので楽だと感じました。

また、ハードルの高かった現地の住所証明が必要ないということが大きいと思いました。

ですが、銀行口座の開設だけでも結構体力を使いますね(;’∀’)

これからもっと大変なことに直面すると思いますが、周りには相談・情報共有できる仲間がたくさんいます。
このブログも少しでもどなたかの参考になったらと願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

タイトルとURLをコピーしました